HMSの調査結果によれば、1日あたり2杯以上はノンカフェインコーヒーに変えれば、直腸ガン危険性を約半分も減少させることができたのだ。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変のみならず色んな合併症を誘発するかもしれません。
ピリドキサールには、多種多様なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない回路へ取り込むため、更に化学分解することを促すという機能もあるのです。
生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲンが非常に深く関係しており、前立腺のガンも同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用を受けて肥大化します。
ものを食べるという行為は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に入れて何度か噛んで飲み下すだけに思われがちだが、そのあと身体は実によく機能し続けて異物を体に取り入れるよう努力しているのだ。

基礎代謝量(kcal)とは目が覚めている覚醒状態で命を維持する(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要な理論上のエネルギー消費量のことを指しています。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、四肢がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどがよく見られ、病状が進むと、残念なことに、呼吸困難に陥る心不全なども齎す可能性があります。
エイズウイルス、すなわちHIVを含んでいる血液や精液のほか、唾液、母乳、腟分泌液といった様々な体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口に接触することにより、感染のリスクがあります。
そんなときは、タクラマカン砂漠人参が必要。
体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに役立つ糖質、細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、過度の痩身ではこれらのような様々な活動を維持するために外すことのできない要素までも減らしてしまっている。
脂溶性のV.D.は、Caが体に吸収されるのを助けるという特徴で広く知られており、血中のCa濃度を微調整し、筋繊維の動きを適切に調節したり、骨を作ってくれます。

BMI(体重指数を求める式はどの国にも共通していますが、数値の評価レベルは国家によって異なっており、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、25以上だと肥満、18.5未満であれば低体重と定義しています。
万が一婦人科の検査で危惧していた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が足りなくて早発閉経(POF)と判明した場合は、足りない女性ホルモンを補填してあげる医術などで改善が望めます。
骨折によって大量に出血してしまった状態だと、急に低血圧になって目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血の症状が出現することがあります。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、身体のなかの脂肪が占有する比率のことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(weight、キロ)×100」という式によって分かります。
ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロールなどとは異なっており、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を予防する作用に優れています。