いんきんたむしとは、医学的に股部白癬と称されている、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの部分に感染し、定着してしまった病気で俗に言う水虫のことなのです。
老化による耳の聞こえ辛さではじわじわと聴力が落ちますが、多くの人は還暦過ぎまでは耳の悪さをあまり把握できないものです。
くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛び散っている量に沿って悪化の一途を辿ってしまう特徴があると言われています。
学校や幼稚園等の団体生活をする際に、花粉症のせいでクラスの皆と同様に外で思いっ切り走り回ることができないのは、患者である子どもにとってもさみしいことです。
エイズ(AIDS)はHIVの感染によって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全を招いて些細なウイルスなどによる日和見感染や悪性腫瘍を併発する病状そのものを指しています。

ロックのライブの場内やダンス広場などに設置されたすごく大きなスピーカーのすぐ横で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。
栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことはもちろん、肉体面と精神面の健康やビューティーを目的として、サブに色々な成分のサプリメントを摂取する行為が常識になっているそうです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに変わり、平成24年9月1日から厚労省が接種を推奨する定期接種となるので、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に接種する個別接種という形に変更されています。
そんなときは、タクラマカン砂漠人参が必要。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器)から出血することであり、吐血というものは無腸間膜小腸より上にある消化管から出血することを指します。
スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミ等)のために夜しっかり眠れないと、それが元凶で慢性的な睡眠不足になり、翌朝からの行動性に悪い影響を与えるかもしれないのです。

現代のオペ室には、洗面所や器械室(apparatus room )、準備室を設置し、手術中に患者を撮影できるX線装置を設けるか、そうでなければ付近にレントゲン用の専門室を用意するのが慣例である。
自動体外式除細動器(AED)は医療従事者ではない方にも取り扱うことのできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの指示通りに使うことで、心臓の心室細動に対する治療の効果をいかんなく発揮します。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男の人に多い傾向があり、基本的には股間部だけに広がり、激しい運動をしたり、風呂に入った後など体がポカポカ温まると激しいかゆみをもたらします。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータからは、成人に比べると体の小さい子供のほうが拡散した放射能の有害なダメージをより受容しやすくなっていることが明らかになります。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番症例の多い中耳炎で比較的幼い子供に起こりやすい病気です。強い耳の痛みや38℃以上の高熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、耳漏(耳垂れ)などの色々な症状が現れるのです。