亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に作用する特別な酵素や、細胞・組織の活動に必要な酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する成分として絶対なくてはならないミネラルの一つなのです。
内臓脂肪型の肥満と診断されて、脂質(lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2~3項目当て嵌まる健康状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けています。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を悪化させたり変異を誘引するような悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の性能をより良くする役目が判明しているのです。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまったことにより、患者の膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなることで発病してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。
心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなって、血液の流れが停止し、栄養や酸素が心筋まで配達されず、ほとんどの筋細胞が壊滅状態になる深刻な病気です。

アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了した4週間後には、製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更されるという飲み薬もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は先進国で採用されています。
塩分や脂肪の摂取過多を控えて軽い運動を心がけるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような毎日を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に防ぐ方法なのです。
V.B6は、色々なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーを活用するのに必要となる回路へ組み込ませるため、更に分解することをサポートする動きもあるのです。
評判はこちらのサイトで確認ができます。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常であれば人の身体を癌から保護する役割を持つ物質を生み出すための鋳型ともいえる遺伝子の異常により発症してしまう病気だというのは周知の事実です。
体脂肪量に変動が見られないのに、体重が飲み食いや排尿等により一時的に増減する場合は、体重が増加したら体脂肪率は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高くなるのです。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番よくある中耳炎で幼い子供によくみられます。猛烈な耳痛や熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などのいろいろな症状が出るのです。
日本における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準じて実行されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは多くの感染症と一緒に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に準拠して行われることに決定したのです。
ハーバード・メディカルスクールの研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯のデカフェのコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸癌の発症する確率を半分以上も減少させることができたのだ。
クモ膜下出血とは実に8割以上が「脳動脈瘤」という脳内の血管にできる不必要な瘤(こぶ)が破れてしまうことでなってしまう深刻な脳の病気だと認識されています。
30~39才の間に更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という女性疾患のことを指します(日本では40歳以下の比較的若い女の人が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言います)。