好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者が「咳」をすることによって外気の中に放出され、空気中でフワフワしているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことによって感染していきます。
既に歯の表面の骨を溶かすまでに悪くなってしまった歯周病は、原則病状が落ち着くことはあっても、なくなった骨が元の量に復活するようなことは無いということを頭に入れておいてください。
不整脈の期外収縮は、特に病気ではなくても症状が発生することがあるので深刻な病気ではないと考えられていますが、短時間で発作が次々と発生する場合は楽観視できません。
ポリフェノール最大の作用はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは異なって、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れているのです。
平成17年以後特保(特定保健用食品)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起のキャッチコピーの記述が食品メーカーの義務となった。

肝臓をいつまでもきれいにキープするには、肝臓の有害物質を分解する力が衰退しないようにする、つまり、肝臓を老けさせない対策を実行することが必要でしょう。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を有していない一般人でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの通りに扱うことで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効果を患者に与えます。
老化による耳の聞こえ辛さはなだらかに聴力が低下していきますが、通常60歳くらいまでは聴力の衰えをなかなか把握できません。
そんなときは、タクラマカン砂漠人参が必要。
前立腺という生殖器はその成長や活動にアンドロゲン(雄性ホルモン)が非常に大きく関わり、前立腺にできてしまったガンも同様に、雄性ホルモンの作用を受けて大きくなってしまいます。
骨を折ったことにより多量に出血した際に、血圧が降下して目眩や冷や汗、悪心、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血が現れる場合もあります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を保っていく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープ等)ために必ず要るミニマムなエネルギー消費量のことを指します。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助けるという特長で広く知られており、血液中の濃度を操って、筋繊維の動き方を操作したり、骨を作ったりしてくれます。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が狭まり、血液の流れが途切れ、大事な酸素や栄養を心筋まで配達できず、ほとんどの筋繊維が死ぬという大変深刻な病気です。
エイズというのはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって起こるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こし些細な真菌などによる日和見感染や癌などを複数発病する病状全般を称します。
グラスファイバーでできたギプスは、非常に強くて重くなくて長期間使うことができ、水に濡れてしまっても壊れずに使用できるという利点があり、現在採用されるギプスの王道と言っても過言ではありません。